卒業大臣駆け込み外遊ラッシュ

8月6日10時0分配信 日刊ゲンダイ

●これぞ税金のムダ!

 参院選で惨敗して9月にも内閣改造が予想される安倍政権。「クビ第1号」として、赤城徳彦農相(48)が辞表を書かされたが、他の閣僚も改造で一掃される可能性が高い。

 にもかかわらず、閣僚は“それ夏休み!”とばかりに外遊ラッシュ。これって、税金のムダ遣いじゃないのか。

 麻生太郎外相(66)は7月30日から8月3日までマニラで開かれるASEANプラス3外相会議に出席。余興ではちょんまげ姿でビリー隊長を熱演して話題になっていた。

 尾身幸次財務相(74)も2日からオーストラリアで開かれているAPEC財務相会議に参加。小池百合子防衛相(55)は就任後初の訪米を調整中だ。伊吹文明文科相(69)も8月中旬に複数の国際会議への参加を検討中。高市早苗内閣府特命大臣(46)もアフリカへの訪問計画が持ち上がっている。

「来月には辞める人物が相手国にどこまで信用されるのか疑問です。どうせ1カ月後には新大臣が誕生するのだから、緊急の国際会議以外は来月以降に先送りすべきです。大臣の海外出張は下にも置かない扱いなので堪能したいのでしょうが、夏休みの恒例行事として外遊に出掛けるのであれば、税金のムダ遣いだと批判されても仕方がありません」(政治評論家・有馬晴海氏)

 安倍首相も、臨時国会後の19日から25日までインドなど3カ国の外遊に出掛けるという。

 物見遊山の“卒業旅行”はいい加減にすべきだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-06 10:00 | 政治  

<< 参院選、テレビのチカラ改めて誇示 「負けるな晋ちゃんまんじゅう」... >>