安倍首相「テロ特措法延長、民主に協力呼びかける」

8月6日 12時22分 日本経済新聞

 安倍晋三首相は6日午前、11月1日に期限を迎えるテロ対策特別措置法を延長する改正案について「国際社会の期待に応えて貢献していくためこの法律を何とか通したい。民主党ともよく話し合い、協力を呼びかけたい」と述べ、民主党に協力を求める考えを明確にした。広島市内で記者団の質問に答えた。



テロ対策特措法の修正、首相が前向き姿勢…民主党に配慮
8月6日13時53分配信 読売新聞

 安倍首相は6日午前、11月1日に期限を迎えるテロ対策特別措置法の延長について「この(延長のための)法律を何とか通していきたい。民主党とよく話し合いをし、協力を呼びかけていきたい。どのような形で協議していくかについては今後考えていきたい」と述べ、民主党の主張に配慮した内容の修正に前向きな姿勢を示した。

 広島市で開かれた原爆死没者慰霊式・平和祈念式に出席後、記者団に語った。

 また、原爆症認定基準について「専門家の下で見直しの検討を行うように指示した。(原爆症認定訴訟の)裁判については法的な見地から関係省庁で検討している。裁判とは別に長い間、原爆の被害に苦しんできた人に何ができるかを考え、医療・保健・福祉の総合的な支援策を充実させていかねばならない」と述べた。

テロ特措法、修正に柔軟=「民主とよく話す」-安倍首相が示唆
8月6日13時1分配信 時事通信

 安倍晋三首相は6日午前、11月1日に期限が切れるテロ対策特別措置法の延長について「民主党の皆さんともよく話し合い、協力を呼び掛けていきたい」と述べ、反対姿勢を示している民主党の協力を得るため、期限延長以外の法案修正に柔軟対応していく考えを示唆した。その上で、首相は「どのような形で協議していくかは今後、考えたい」と述べ、民主党との協議に意欲を示した。広島市で開かれた原爆死没者慰霊式・平和祈念式に出席した後、同市内で記者団の質問に答えた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-06 12:22 | 政治  

<< 偽人民元札、香港でも上半期に4千枚 「過激派の機関誌」…朝日新聞「... >>