「家への近道だから」83歳男性が線路侵入、JR止める 大阪・片町線

8月6日15時28分配信 産経新聞

 6日午前10時半ごろ、大阪市城東区のJR片町線京橋-鴫野間で、線路内を男性が歩いているのを京橋発放出行き回送電車(7両編成)の運転士が見つけ緊急停止した。運転士は防護無線で付近の列車を停止させた上で、男性を保護し、鴫野駅で城東署員に引き渡した。けが人はなかった。

 同署によると、立ち入ったのは区内に住む無職男性(83)で「線路を歩いた方が家に近いので踏切から入った」と話しているという。

 JR西日本によると、同線は上下2本が運休、7本が最大12分遅れ、約3300人に影響した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-06 15:28 | 政治  

<< 76年、アルゼンチンと秘密交渉 中国、食品安全性に関する運動を... >>