自民惨敗「首長減少が影響」=全国町村会長が安倍首相に伝える

8月6日17時0分配信 時事通信

 安倍晋三首相は6日午後、再任あいさつのため首相官邸を訪れた全国町村会の山本文男会長(福岡県添田町長)らと懇談した。山本氏はこの席で、自民党の参院選惨敗の原因について「自治体合併で選挙の中心戦力だった町村長が減ったことが悪かったかもしれない」と指摘。首相は「分かりました」とうなずいていたという。

 ただ、同党の参院選公約にも盛り込まれた道州制の導入に向けては、市町村合併の一層の推進が不可欠。山本会長は懇談後、記者団に「首相も(合併推進については)仕方がないと、あきらめ気分のようだった」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-06 17:00 | 政治  

<< 汚職告発者への報復が深刻化=年... 叶姉妹の姉・恭子、二女・晴栄さ... >>