修正協議、水面下は応ぜず=テロ特措法「事前承認」でも賛成せず-民主方針

8月6日21時2分配信 時事通信

 民主党の小沢一郎代表は6日、党本部で菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長と会談し、政府・与党提出の法案への対応について、事前の修正協議や水面下での折衝には応ぜず、あくまで国会の各委員会で議論していく方針を確認した。

 鳩山氏は会談後、記者団に対し「国民の見えないところで(修正協議などに)応じると、政権側に巻き込まれることになりかねない」と述べた。

 また、鳩山氏はテロ対策特別措置法の延長問題に関し「自衛隊を派遣していない段階なら事前承認の話もあったが、派遣されて何年もたっている」と述べ、民主党が主張してきた自衛隊派遣の国会事前承認は、延長に賛成する条件にならないとの考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-06 21:02 | 政治  

<< <船内事故>解体鯨の昇降機に挟... 10月末に中長期ビジョン=「美... >>