規正法改正案、次期国会に提出=「1円以上」に領収書-民主

8月7日21時1分配信 時事通信

 民主党は7日夕、国会内で政治改革推進本部(本部長・岡田克也副代表)の会合を開き、政治資金規正法改正案を31日にも召集される次の臨時国会に提出する方針を決めた。同党では当初、今臨時国会に提出することも検討されたが「所属議員にきちんと説明しなければいけない。慌てて会期の短い今国会に出すよりは次の国会に出した方がよい」(岡田氏)と判断した。

 改正案は、すべての政治団体を対象として、人件費を除く「1円以上」の全支出に領収書添付を義務付け、不動産や有価証券の投機目的での保有を禁じた。また政治資金収支報告書の保存期間を現行の3年から5年に延長。「1円以上」にした場合の事務処理問題などへの対応は、さらに検討を続けることにした。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-07 21:01 | 政治  

<< 中国が「活仏転生」許可制 チベ... 幹部が公用車私的使用の週刊誌報... >>