15日の靖国参拝、言わない=安倍首相

8月7日21時1分配信 時事通信

 安倍晋三首相は7日夜、首相官邸で記者団に対し、終戦記念日の15日に靖国神社を参拝するかどうかについて「参拝する、しないということは申し上げないことにしている」と述べ、参拝の有無を明らかにしない考えを改めて示した。これに関し、記者団が「外国への影響も大きく、国民の関心も高い。説明責任を果たしていないのでは」と質問したが、首相は「基本的に外国から言われて参拝する、しないと言うべきではない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-07 21:01 | 政治  

<< 中国が「活仏転生」許可制 チベ... 幹部が公用車私的使用の週刊誌報... >>