もう誰の言うこともきかない…

2007年08月07日10時00分 日刊ゲンダイ

「どうやら洋子夫人もサジを投げたらしい」――永田町では、こんな話が飛び交っている。洋子夫人とは岸信介の娘で安倍首相の母親、安倍晋太郎夫人のことだ。安倍家のゴッドマザーとして知られるが、他人の言うことを聞こうともしない安倍にはゴッドマザーも手を焼いているらしいのだ。この調子だと、安倍は内閣改造も好き勝手をやる。自民党議員は「安倍の自爆テロになる」と右往左往だ。

 洋子夫人は安倍について「どうせ言うことは聞かないんでしょ」「一度、首相になれたんだから、(そんなに意地を張らなくても)いいのにね」などと言っているそうだ。

 官邸の関係者も「総理は誰の言うことも聞かない」とこぼしている。それどころか、ヘタなことを進言すると、ブチ切れる。側近たちも距離を置き始めているらしい。そうしたら、森、中川、青木らが退陣を迫ったのに、「オレは辞めない」と突っぱねたという話が流れた。こういう裏話が出てくること自体、周囲が安倍の頑迷に呆れている証拠だ。

 手が付けられない安倍は、内閣改造について、「派閥の推薦を受けずにやる」と明言した。政治資金規正法改正では「すべての政治団体に1円以上の支出は領収書を義務付ける」ことを指示、党内は大騒ぎになっている。

 参院選惨敗の責任も取らず、人事では人の言うことを聞かず、朝令暮改で極端な規正法を押し付けようとしている安倍は、文字通り、手が付けられなくなっているのだ。安倍を若い頃から知っている政界関係者はこう言う。

「首相は幼少期からヘンなコンプレックスがあって、自分は強くあらねばならない、という意識が強すぎる。岸家の名前を汚してはいけないとか、考えるんです。そんな首相だから、追い込まれて辞任するような失態は考えられないんでしょう。しかし、このままではどんどん支持率は低下し、党内からも見放され、孤立無援になっていく。それでも安倍首相は辞めませんよ。辞めるときは、解散・総選挙に打って出る。そうやって、自分で納得しなければ、物事を受け付けない男なんです」

 行き着く先は、自爆テロのような解散というわけだ。そういえば、解散について問われた安倍は「しかるべき時期に」と言った。ふつうの首相は「解散は考えていない」と言うのに異例だ。自民党議員は「このままでは党がなくなる」と慌てている。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-07 10:00 | 政治  

<< <IMF>「日本の消費税引き上... 社保庁なお体質的問題 >>