<公選法違反容疑>公明が説明要求 小林参院議員陣営逮捕で

8月8日14時20分配信 毎日新聞

 公明党の北側一雄幹事長は8日の記者会見で、自民党の小林温参院議員の出納責任者らが公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕されたことについて「当事者である小林議員自身にしっかり説明してもらいたい」と述べ、説明責任を果たすよう求めた。小林氏の進退に関しては「事実関係が明らかになるにつれて、自らご判断されることだ」と語った。

 小林氏が参院選投票日(7月29日)から3カ月以内に辞職した場合、同じ神奈川選挙区で落選した同党の松あきら前参院議員が繰り上げ当選することになる。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-08 14:20 | 政治  

<< 食の安全、揺れる東南アジア 中... <南北首脳会談>米の政策軟化が... >>