臨時国会が閉幕=年金流用禁止法案は廃案

8月10日15時1分配信 時事通信

 7月の参院選を受けた第167臨時国会は10日、衆参両院の本会議で閉会中審査の手続きなどを行い、閉幕した。会期4日間で参院議長選挙などのみ行われ、自民党大敗による参院与野党逆転下の本格論戦は、9月に召集される方向の次期臨時国会に持ち越された。

 参院議長には第1党の民主党から江田五月氏が選出された。自民党以外の参院議長は「55年体制」後初めて。

 民主党は9日に年金保険料を年金支給以外に充てることを禁止する年金流用禁止法案と郵政民営化凍結法案を参院に提出した。10日午前の参院議院運営委員会理事会で扱いを協議したが、与党は委員会付託に反対。いずれも廃案となった。民主党は次期臨時国会に再提出する方針だ。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-10 15:01 | 政治  

<< <食料自給率>日本、13年ぶり... 相次いだ冤罪に最高検が「反省」... >>