民主党・前原氏、TV番組で「テロ特措法の延長必要」発言

8月12日13時33分配信 読売新聞

 民主党の前原誠司・前代表は12日、テレビ朝日の番組で、インド洋で海上自衛隊が行っている給油活動の根拠である、テロ対策特別措置法について「アフガニスタンでのテロとの戦いから、日本が抜けることは国益に反する」と述べ、11月1日に期限が切れる同法を延長する必要性を改めて強調した。

 前原氏は、「アフガニスタン国内の治安維持活動のために自衛隊が入っていくのは、今の武器使用基準、憲法制約からすると非常に危険だ。洋上給油は、現段階ではベストだ」とも指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-12 13:33 | 政治  

<< 森元首相、報道番組で「塩崎官房... 「タイタニック」映像を借用? ... >>