小池防衛相 内閣改造後続投に意欲 訪米帰国の成田空港で

8月13日9時59分配信 毎日新聞

f0013182_15214293.jpg 訪米から帰国した小池百合子防衛相は11日、「充実した話し合いができた。これから国会やいろいろなスケジュールの中で、今回の成果を生かしたい」と述べ、27日に予定されている内閣改造後の続投に意欲を示した。成田空港で記者団に語った。

 小池防衛相は5日間の訪米中、ゲーツ国防長官やチェイニー副大統領、ライス国務長官ら要人と会談。秋の臨時国会では、テロ対策特別措置法の延長が最重要課題になるだけに、「米国での私の人脈を最大限生かせるという感触を持って帰ってきた」とアピール。

 自民党内には、10日に閉幕した臨時国会を欠席して訪米したことへの批判など、続投をけん制する動きがあるが、「安全保障に関する主な方々にほとんど会えた。私はやるだけのことはしっかりやった」と強調した。【田所柳子】
[PR]

by deracine69 | 2007-08-13 09:59 | 政治  

<< <中国食品>韓国公使急死で不信... 安倍首相、朝青龍の悪しき共通点... >>