<防衛次官人事>小池防衛相と守屋次官の話し合い物別れ

8月14日23時29分配信 毎日新聞

 小池百合子防衛相は14日、守屋武昌事務次官の退任人事をめぐって、対立が続く同次官と省内で会談した。小池防衛相が9月1日付で守屋氏を退任させ後任に警察庁出身の西川徹矢官房長を充てる人事案を撤回する意思がないことを伝えたのに対し、守屋氏は「こんなやり方では省内の理解を得られない」と人事案を改めて拒否し、話し合いは物別れに終わった。

 会談後、守屋氏は記者団に「大臣は大臣の考えを話し、私は私の考えを申し上げた」と語った。

 各省庁の局長級以上の人事は、正副官房長官による「閣議人事検討会議」で審査した後、閣議了解を得る必要がある。小池防衛相が当初目指した15日の閣議了解は不可能となっており、27日の内閣改造前に検討会議が開かれるかどうかが焦点となっている。【田所柳子】
[PR]

by deracine69 | 2007-08-14 23:29 | 政治  

<< 「トンボ鉛筆」会長、覚せい剤所... 盗撮容疑の巡査長を懲戒処分 大阪府警 >>