「切腹する人を後ろから切りつけた」森氏、小池防衛相を批判

8月18日8時37分配信 産経新聞

 自民党の森喜朗元首相は17日、民放テレビの番組収録で、守屋武昌防衛事務次官の後任人事をめぐる混乱について、「自分でもう切腹しようとしている人を、(小池百合子防衛相が)後ろから切りつけた感じがする。あまりいいことではない」と述べ、小池氏の一連の対応に不快感を示した。

 森氏は、守屋氏を「日米の問題、沖縄の問題にすべて生涯をささげてきた人。何十年も防衛庁にいて、自分が辞めなくてはいけないのはよくわかっている」と指摘。小池氏が守屋氏に対し電話で更迭を言い渡そうとしたことについても、「ちゃんと会って言うべきことだ」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-18 08:37 | 政治  

<< 人事混乱「大臣よく選ばないと」... 事務次官騒動、小池防衛相「反小... >>