<金子衆院議員>事務所の無償提供、政治資金収支に記載せず

8月20日13時53分配信 毎日新聞

f0013182_151423.jpg 元行政改革相で岐阜4区選出の金子一義衆院議員が、寄付に当たる事務所の無償提供を政治資金収支報告書に記載していなかったことが分かり、金子氏の資金管理団体「飛友会」が、03~05年分の同報告書の訂正を総務省に届け出ていたことが分かった。

 金子氏の事務所などによると、飛友会の事務所は金子氏の親族所有の都内の事務所を無償提供されている。党本部から今月10日、親族からの提供であっても政治資金規制法による「金銭、物品その他の財産上の利益の供与」にあたるとの指摘を受けた。このため「周辺の状況などから賃貸料は年間120万円が妥当」と判断し、3年分計360万円を訂正した。

 事務所は「近い親せきからの事務所提供は、寄付に当たるとは考えていなかった」と話している。【宮田正和】
[PR]

by deracine69 | 2007-08-20 13:53 | 政治  

<< 那覇空港で中華航空機炎上、乗客... 塩崎官房長官の事務所職員が政治... >>