塩崎官房長官の事務所職員が政治資金を私的流用

8月20日13時42分配信 産経新聞

 塩崎恭久官房長官の事務所は20日、事務所職員が政治資金の一部を私的に流用、発覚を防ぐために領収書の一部を平成17年政治資金収支報告書に重複して添付していた-と発表した。事務所は19日付で職員を懲戒解雇。20日に愛媛県選挙管理委員会に対し政治資金収支報告書の訂正を行った。

 事務所によると、元職員は女性で、私的流用していたのは自民党愛媛県第1選挙区支部の政治資金。元職員は隠蔽(いんぺい)工作として平成17年選挙運動費用収支報告書に添付していた領収書の一部約627万円分を、同支部の平成17年政治資金収支報告書に二重に添付していた。私的流用した金は、海外旅行や車、洋服の購入に充てていたという。塩崎事務所は今後、流用額などに関し調査を進めた上で、刑事告訴も視野に法的措置を検討する。

 塩崎氏はこの件に関し、「今回のような事態が起きたことは大変ショックで残念。自身の管理・監督責任につき深く反省し、徹底した実態解明と再発防止に全力を挙げたい」とコメントした。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-20 13:42 | 政治  

<< <金子衆院議員>事務所の無償提... 密輸たばこ、毎年5億箱がベトナ... >>