塩崎長官は事実解明を=中川自民幹事長

8月21日15時1分配信 時事通信

 自民党の中川秀直幹事長は21日の記者会見で、塩崎恭久官房長官が支部長を務める自民党支部で領収書の二重添付などが発覚した問題に関し、「しっかりと事実を解明して対処すべきだ」と述べ、塩崎氏に対応を求めた。

 また、塩崎氏自身の責任については「自らチェックして(職員による横領の)被害届まで出した。(説明責任を)果たそうとしている」と否定した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-21 15:01 | 政治  

<< 中国にとって貴重な「東洋の真珠... 安倍首相、カリバタ墓地に献花 ... >>