安倍首相の「脱カメラ目線」 中途半端で逆効果

2007/8/21 J-CASTニュース

安倍首相が脱カメラ目線をした、ということで話題になっている。

新聞記者のぶらさがり会見のとき、いままでカメラだけを徹底的に見るというスタイルだったのが、テリー伊藤とかから「少しは質問者も見たら」とアドバイスされて、少しモデルチェンジを始めた。

新スタイルは、カメラだけでなく、質問している記者のほうも見るという「両目線」。これには朝日新聞などの新聞は「参院選敗北を受けて反省した結果だ」と言っているようだが、テレビ的にはかえって悪くなったんじゃないかと思う。

カメラと質問者の両方を見るようにしたために、目線が「泳ぐ」状態になってしまっているのだ。おかげで、ますます自信がないように見える。

安倍首相は靖国神社の参拝についても、モデルチェンジということなのかどうか良く分からないが、小泉さんみたいに終戦記念日に参拝することはなかった。

それはともかく、首相には失礼だが、テレビというのはただ映ればいいというもんじゃない。映るたびに視聴者が離れていくこともある。いまのような下手なインタビューでは、視聴者つまり国民がさらに引いてしまうんじゃないか。どうもメディアへのアプローチを勘違いしているようだ。

どうせやるなら、いっそのこと、カメラを見るのをやめたらどうか。質問している人だけを見て、ちゃんと答えるほうがいいのではないか。質問に対してきちんと自分の言葉で答えること、それが一番大事なのだから。

靖国へ 毎日参拝 してみたら
[PR]

by deracine69 | 2007-08-21 23:59 | 政治  

<< <埼玉県警警部補>警察手帳使い... 機長が会見「的確な誘導」、事故... >>