小池防衛相“退任表明”「私は辞めるって言ってるのよ」

2007年08月25日 サンスポ

 小池百合子防衛相(55)は24日、訪問中のインドでビックリの“退任表明”した。



 ニューデリーで記者団に対しイージス艦中枢情報流出事件に触れ「防衛省内で誰も責任を取っていない。私は責任を取りたい」と述べ、27日予定の内閣改造で続投を希望しない意向を表明。「新しい大臣に任せたい。任せられる人を(首相に)選んでいただきたい」といい、退出の際は不敵な笑みを浮かべ「私は辞めるって言ってるのよ。分かる?」と強調した。

 情報流出事件は小池氏が防衛相就任前に起きており「その責任を取るのは理解できない」(中谷元・元防衛庁長官)。自民党内では事務次官人事をめぐる混乱で小池氏が続投困難とみて「安倍晋三首相に交代させられる前に先手を打ったのではないか」(閣僚経験者)との見方が広がった。

 官邸筋は「責任を取ると言うなら情報流出しないような態勢を作ってから辞めろ。これでは責任を取ることにならない」と不快感を示す。一方で若手議員からは「安倍首相に三くだり半を突きつけた形。政界遊泳術にたけているのはさすがだ」との声も聞かれた。

 内閣改造では小池氏の去就が注目されていた。安倍首相は同日、クアラルンプールで記者団と懇談し「(19日に)外遊に出るに際し基本的な人事構想の考えをまとめた」と述べ、既に概要を固めていることを明かした。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-25 06:00 | 政治  

<< 「中国はずし」危機感と焦燥 安... 安倍首相の靖国不参拝に抗議、小... >>