「チーム安倍」解散へ 首相補佐官、任務は道半ば

2007年8月25日 16時45分 中日新聞

 安倍晋三首相は27日の内閣改造に伴い、首相補佐官を大幅削減する見通しだ。昨年9月の内閣発足の際に定数いっぱいの5人を任命して官邸主導の政策立案を目指した「チーム安倍」は、事実上解散となる。7月に防衛相に転出した小池百合子氏も含め5人の任務達成度を見ると、多くは道半ばにとどまり、安倍政権の停滞ぶりをそのまま象徴するようだ。

 小池氏は、担当した日本版国家安全保障会議(NSC)創設をめぐり、先の通常国会に関連法案を提出。しかし秋の臨時国会を目指していた成立は困難となった。

 根本匠氏は5月、関西、中部国際両空港の路線開設自由化などを盛り込んだアジア・ゲートウェイ構想をまとめたが、改革の実効性には疑問符がぬぐえない。

 山谷えり子氏が事務局長を務める教育再生会議は2つの報告書を提出。政府はこれを受け教育改革関連3法を成立させた。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2007-08-25 16:45 | 政治  

<< 細川ふみえ“夫”の素顔…サイパ... 小池防衛相「一兵卒で首相を支える」 >>