安倍改造内閣発足へ、舛添氏の初入閣が有力に

8月27日3時6分配信 読売新聞

 安倍首相は27日、内閣改造と自民党役員人事を行う。改造内閣は同日中に発足する見通しだ。

 改造人事では、参院から舛添要一参院政審会長の初入閣が有力となった。また、地方問題を扱う新たな担当相の設置を検討している。7月の参院選での自民党惨敗により首相は厳しい立場に追い込まれており、今回の人事で求心力を回復できるかどうかが、政権の命運を左右することになる。

 首相は27日午前、自民党本部で幹事長など新三役を決めた後、首相官邸で組閣作業に着手する。同日午後、新閣僚の名簿を発表し、皇居での認証式に臨む。

 首相は26日、首相公邸にこもって、人選作業を続けた。自民党三役人事では、麻生太郎外相に電話し、幹事長就任を正式に要請し、麻生氏は了承した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-27 03:06 | 政治  

<< タンタン騒動、各国で広がる=人... 外国人観光客2人、刺される=北京 >>