新政務会長は石原伸晃氏「やっぱりお友達ですね」

2007/8/27 J-CASTニュース

「背水の陣といわれる内閣改造人事ですが・・・自民党は新内閣人事で浮上できるのか」(赤江珠緒キャスター)と、本日(8月27日)夜スタートする新内閣の布陣を特集した。

特集前半の"布陣"は、ゲストコメンテーターに毎日新聞社顧問の岩見隆夫、政治アナリストの伊藤惇夫。それと組閣の本陣となる自民党本部に、「久しぶりにスタジオを出て生き生きとしている」(赤江)という小木逸平アナが詰め、生中継を担当した。

まず、麻生外相の党幹事長、二階俊博氏の党総務会長が決まったことに、岩見が「安倍氏と麻生氏はファミリ―ですよ。辿っていくと親近感というのがあった」。伊藤は「幹事長職というのは対野党対策と党内対策の2点です。そこから考えて麻生さんというのはどうかな。むしろ二階さんの方が適役ではなかったか」

さらに党政調会長に石原伸晃幹事長代理が決まったニュースが飛び込むとすかさず「やっぱりお友達ですね」とスタジオからヤジが。

これで党三役が決まったわけだが、テレ朝コメンテーターの三反園訓が「こういうことで決めましたと、安倍さんが、国民に納得できる説明ができないと…」とダメ押し。続けて岩見も「この組閣人事の後、予定されている安倍さんの記者会見がリンクしていないとだめですよ。この記者会見は重要です」。

番組後半からゲストコメンテーターが小坂憲次・元文科相と山本一太参院議員に交替した。その小坂氏がサプライズ人事について「自民党総裁選を争うかもしれない人(麻生氏)が政権を支えるという意味でサプライズですよ。幹事長代理に誰を付けるかが注目ですね」。

このコメントの直後、幹事長代理に細田博之・元官房長官、一時は官房長官説がささやかれ、事務所経費問題も報道されていた菅義偉総務相の党選対局長起用のニュースが。

この選対局長のポストについて小坂氏が「幹事長が、選挙で街頭演説など表向きの顔なら、選対局長は選挙区の調整など裏方を仕切る役です」と。すかさず弁護士の橋下徹が「国民の前に出さないということ?」と辛口コメント。スタジオに笑いが走った。

文 モンブラン
[PR]

by deracine69 | 2007-08-27 18:00 | 政治  

<< 中国で8歳少女が3500キロ走... 要注意!四川航空、安全管理に重... >>