説明不十分なら閣僚辞任=「政治とカネ」で覚悟強調-安倍首相会見

8月27日23時1分配信 時事通信

 安倍晋三首相は27日夜、改造内閣の発足を受け首相官邸で記者会見し、「政治とカネ」の問題に関し「閣僚は何か指摘されれば説明しなければならない。十分な説明ができなければ、去る覚悟で閣僚になっていただいている」と述べた。

 安倍内閣は昨年9月の発足以来、不透明な事務所費問題が絶えず、3人の閣僚が交代した。しかし、首相が更迭に踏み切ったのは1人だけで、対応の甘さも政権が失速する大きな要因となった。このため、改造内閣では問題が発覚した場合、説明責任を果たせなければ、自発的辞任を求める決意を示したものだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-27 23:01 | 政治  

<< 露女性記者殺害、容疑者10人を... 安倍改造内閣の記念撮影 >>