「チーム安倍」解体=首相補佐官は2人に縮小-内閣改造

2007/08/27-22:14 時事通信

 安倍晋三首相は27日、政務の官房副長官に衆院から大野松茂、参院から岩城光英の両氏を起用した。首相補佐官は5人から2人に縮小し、中山恭子(拉致問題担当)、山谷えり子(教育再生担当)の両氏が留任するにとどまった。官房長官への与謝野馨氏の起用と合わせて、首相官邸を気心の知れた仲間で固めた「チーム安倍」は解体した。

 大野、岩城両氏とも首相と同じ町村派出身だが、地元の市長から国政に転じ、行政経験は豊富。首相の自民党幹事長時代以来の側近の下村博文前副長官とは毛色が異なる。また、政策勉強会の仲間だった根本匠(経済財政担当)、党総裁選で広報戦略に当たった世耕弘成(広報担当)の両首相補佐官も官邸を去った。小池百合子氏の防衛相就任で空席だった国家安全保障問題担当の補佐官も、廃止となった。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-27 22:14 | 政治  

<< 安倍改造内閣の記念撮影 小池前防衛相「アイ・シャル・リ... >>