退任会見に初登場=小池氏導入の特注「幕」-防衛省

2007/08/27-20:57 時事通信

 内閣改造で全閣僚が辞表を提出した27日、小池百合子前防衛相の退任会見に、防衛省のマークをあしらった新しい幕が会見台の背景に初めてお目見えした。同氏は、内閣改造の同日からの使用を指示していたが、留任を拒否してこの日に交代。皮肉な初登場となった幕を見ながら、「まさに幕引き」と述べた。

 7月4日の就任会見で「(それまでの)カーテンがくすんで見える」と、世界地図を背景に用意させた小池氏。その後もこだわり続け、ほかに定例会見をしている陸、海、空、統合の各幕僚長分と合わせ、計5種類のスクリーンを発注させた。「8月の最終週から使います」と指示しており、防衛省幹部は「改造後も留任するつもりだったのは明らかだ」と指摘する。

 小池氏は、人事をめぐり事務次官と激しく対立した後、24日になって留任拒否を表明した。5種類の幕の費用は計27万円という。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-27 20:57 | 政治  

<< <臨時国会>テロ特措法延長で緊... 財界、改造内閣に相次ぎ注文 >>