首相補佐官2人に減員 役割・権限で対立、見直し

2007年08月28日00時48分 朝日新聞

 安倍首相は内閣改造に伴い、5人いた首相補佐官のうち中山恭子参院議員(拉致問題担当)、山谷えり子参院議員(教育再生担当)の両氏のみを留任させ、国家安全保障問題、経済財政、広報の各担当補佐官は置かないことにした。「チーム安倍」の中核として官邸主導のエンジン役を期待した制度だが、内閣官房や首相秘書官と役割分担をめぐる対立もあり、後退を余儀なくされた。

 首相が当初5人の補佐官を置いたのは、小泉前首相のような個人の人気に頼らず、制度的に首相の指導力を強める狙いからだ。だが、それまでの首相を支えていた仕組みとの摩擦が起きた。

 象徴的だったのは、安保担当の補佐官だった小池百合子前防衛相と内閣官房との関係だった。

 首相は官邸の司令塔機能強化を目指し、小池氏に国家安全保障会議(JNSC)の創設準備を任せた。小池氏もこれを通じて安保担当補佐官の権限拡大を狙ったが、関係省庁との調整役を長年担ってきた内閣官房が「政策決定のラインが混乱する」と反発した。

 一方、広報担当補佐官だった世耕弘成参院議員は、首相が何をどう発信するかの広報戦術をめぐり、井上義行首相秘書官(政務)と対立した。経済財政担当補佐官だった根本匠衆院議員も、大田経済財政担当相と役割が重なる部分が多かった。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-28 00:48 | 政治  

<< 日本の常任理入りを支持=仏大統領 地方にデモ拡大、物価高騰に反発... >>