モーニング用意していた!“入閣候補”矢野氏が首相に電話抗議

2007年08月28日 サンスポ

f0013182_0243288.jpg 参院枠で入閣が確実視されていた矢野哲朗参院議員(60)=写真=が27日夜、安倍首相に対し電話で約25分にもわたり「納得できない」などと執ように抗議していたことが分かった。安倍首相は「もし続投すれば次は必ず起用する」との空手形?でなだめた。

 参院側は矢野氏を入閣の第一候補として首相に要請し、ほぼ内定。この日はモーニングも準備して事務所内で待機し、詰めかけた報道陣に「電話が来なかったらどうしよう」などと冗談を飛ばしていた。だがその冗談が現実となり「外されちゃったよ」とガックリ。

 恨み骨髄?の矢野氏は首相に「理由があるなら説明してほしい。こういう理由で外されたと分からないと、私も後援会も納得できない」などと怒りをぶちまけた。超多忙の首相だったが「矢野さんが悪いわけではない。党で頑張ってほしい」などとかわしたという。

 参院枠では舛添氏と泉信也氏(70)が入閣。参院執行部から「2人を一本釣りされた」と不満が漏れた。参院選の惨敗と、参院のドンだった青木幹雄氏(73)が参院議員会長を引責辞任したことで、自民参院の影響力低下が浮き彫りに。首相とのしこりが残りそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-28 12:00 | 政治  

<< 新内閣始動、安倍首相は「政策実... 【内閣改造 土俵際の再出発】(... >>