「選外」矢野氏、首相に抗議電話 「釈然としません」

2007年08月29日09時08分 朝日新聞

 「釈然としません。私はそんなに力量不足でしたか」

 参院自民党が推薦しながら入閣できなかった矢野哲朗氏は27日夜、首相に電話で抗議した。「とんでもない。次回は必ず入れますから」などと首相は弁明したが、入閣漏れの理由は明かさなかったという。

 3年間にわたり国対委員長を務め、野党との協調路線を進めた手腕が評価された矢野氏は「一番に入閣すべき人」(ベテラン議員)と位置付けられていた。議員会館の自室にモーニングをつるし、電話を待つ様子をテレビ中継されたが、「選外」が決まると「説明を受けないとちょっと問題が残るね」と不満をぶちまけた。

 官邸側は「政治とカネ」をめぐり逮捕された村上正邦元参院自民党会長との関係が原因だとも指摘する。首相は28日、官邸で記者団に改めて理由を問われたが「個々の人事についてはお答えはできない」と述べるにとどめた。

関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-08-29 09:08 | 政治  

<< ドラム缶漂流で注意を呼びかけ アフガン拉致:インドネシアの官... >>