<遠藤農相>補助金団体から不適切な献金 返金し報告書訂正

8月31日12時53分配信 毎日新聞

 遠藤武彦農相が代表の自民党山形県第2選挙区支部が05年9月、農水省所管の独立行政法人の補助金を受けている山形県家畜商業協同組合から5万円の献金を受けていたことが分かった。政治資金規正法は国の補助金交付決定を受けた法人の1年以内の献金を禁止している。独立行政法人についての規定はないが、同支部は30日、同組合に返金したうえで政治資金収支報告書を訂正した。

 遠藤氏の事務所などによると、前回衆院選の運動期間中の05年9月6日、同組合関係者が陣中見舞いに選挙事務所を訪れ、5万円を寄付した。同組合は「激励する意味だった」としている。一方、同組合は04年9~12月、農水省所管の独立行政法人「農畜産業振興機構」から、稲わらを集める飼育業者への補助金など計約1750万円の交付決定通知を受けていた。【佐藤薫】

 遠藤農相は31日の閣議後会見で「補助金を受けた団体だとチェックできなかったことは大変遺憾に思っている。ちょっと手抜かりだった」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-31 12:53 | 政治  

<< 横審、朝青龍に引退勧告の意見も 経団連会長と会談=麻生自民幹事長 >>