臨時国会で衆院解散目指す=民主・小沢代表が決意表明

2007/08/30-12:41 時事通信

 民主党の小沢一郎代表は30日午前、都内で開かれた同党女性自治体議員らの会合であいさつし、「今度召集される臨時国会は大きな政治的な転換点になる可能性もある。その結果いかんでは衆院選で皆さんに迷惑を掛けることがあるかもしれないが、それが政権への道だ」と述べ、10日召集予定の臨時国会で衆院解散に追い込む決意を示した。

 小沢氏は、参院選で自民党が大敗しながら続投を決めた安倍晋三首相について「議会制の本旨を全く理解していない」と重ねて批判。その上で、臨時国会に関して「参院で国民サイドに立った法案を提案して可決し、衆院で『さあ自民、公明両党はどうするんだ』という構図にしていく。国会で(の論戦を通じて)国民のさらなる審判をしてもらいたい」と強調した。

関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-08-30 12:41 | 政治  

<< 「臨時国会で解散も」民主・小沢... 青木愛氏派選挙違反、小沢氏秘書... >>