新内閣のベストネーミング 「もうこんなのしか残って内閣」

2007/8/31 J-CASTニュース

「お友達内閣」と揶揄され、2007年7月の参院選で惨敗し、8月27日に改造に踏み切って発足した新・安倍晋三内閣。J-CASTテレビウォッチ「ワイドショー通信簿」の記事で、新内閣の「あなたのネーミング」を求めたところ、コメント欄に31日14時現在で100を超える「作品」が寄せられた。その中からJ-CASTニュース編集部内で人気投票を行い、勝手に「ベストネーミング賞」を決めた。

安倍首相を批判していた舛添要一参院議員が厚生労働相に入閣したことなどがニュースとなった新内閣。発足直後に各新聞社などが行った支持率を見ると、数字自体はばらつきがあるが、傾向としては、7月末の参院選直後の支持率調査より10ポイント前後上昇し、一定の回復を示した。もっとも不支持率の数字を含め、「分析」内容は各紙で分かれ、比較的好意的なものから厳しい論調まで幅広い見方が示された。

「しょうが内閣」と「ED内閣」が続く

8月28日、ワイドショー通信簿のフジテレビ系「とくダネ!」の「安倍カラー出せない内閣? あなたのネーミングは?」の記事で、「とくダネ」出演者の様々なネーミングを紹介した上で、「さて、あなたは何と命名するか?」と投げかけた。すると、約3日間の31日14時現在で140件のコメントが集った。

J-CASTニュース編集部内で人気投票をしたところ、「1位」は、「76 匿名」さんの「もうこんなのしか残って内閣」だった。こうした見方は、自民党の加藤紘一元幹事長が「面白みのない内閣」と名付けた発想と近そうだ。

「2位」は、「50 匿名」さんの「しょうが内閣」だった。安倍カラーを全面に押し出せば「お友達内閣」と批判され、安倍カラーを引っ込めると「旧来型派閥均衡人事に逆戻りした」とあきれられる、といった懸念から「こんなところで手を打った」といった空気が漂っていることを表しているようだ。「しょうがない」には、単に否定的なニュアンスもある。「仕方内閣」というコメントもあった。

ほかに票を集めたのは、「39 匿名」さんの「ED内閣」。コメント欄では理由も説明していて、「そもそも安倍総理自体がすでに機能不全で起たない状態なんだから 誰もってこようが満足のいく性事(政治)なんか出来るはずない」と、「性」と「政」をひっかけた。「賞味期限改ざん内閣」「全てが後手になる 安倍コベ?内閣」などにも推薦があった。

全体的には、「オヤジギャグ」。ニュアンスとしては、皮肉を込めたものや「がっかり感」が伝わるものが多かったが、中には「信義誠実」「オンリーワン本格派」などと「賞賛派」や「負けないでもうすこし最後まで走りぬけて内閣」といった「応援派」の声もあった。

当の安倍首相は、「『美しい国づくり』に向け政策を実行していく政策実行内閣」と命名している。内閣が政策を実行する、という当たり前といえばこれ以上ない「当たり前さ」、からか、寄せられたコメントの中では、これを直接的にもじったとみられる命名は見当たらなかった。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-31 18:00 | 政治  

<< 前原氏が副代表就任へ、政調会長... <楽天>野村監督に続投要請 球団代表 >>