岩城官房副長官が代表の党支部、政治資金収支報告書を訂正

9月1日12時52分配信 読売新聞

f0013182_13483157.jpg 岩城光英官房副長官(参院福島選挙区)が代表を務める自民党福島県参議院選挙区第1支部が、2005年に開いた政治資金パーティー券の収入50万円分を削除し、同額が岩城氏の資金管理団体「光と風のフォーラム」に寄付されていたとする政治資金収支報告書の訂正を今年2月、福島県選管に届け出ていたことが分かった。

 岩城氏の地元事務所(福島県いわき市)などによると、同支部の05年分収支報告書には、同年11月に東京都渋谷区の会社が購入した「岩城光英さんを励ます会」のパーティー券50万円分について収入として記載されていたが、同社側から同フォーラムへの寄付だったとして、今年2月7日、県選管に訂正を出した。同時に、同支部と同フォーラムの各支出額も訂正し、事務所費を50万円減額、同フォーラムの事務所費を同額増額した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-01 12:52 | 政治  

<< 独立の是非 コソボ総選挙は11... 酒酔いの客が暴行、タクシー運転... >>