石原政調会長の自民党支部、会場料10倍に記載

9月1日9時10分配信 読売新聞

 自民党の石原政調会長が代表を務める「自民党東京都第8選挙区支部」が2003年分の政治資金収支報告書に、講演会場の使用料を誤って10倍の金額で記載していたことが分かった。

 添付した領収書の金額は6万8000円だったのに報告書には68万円と記載しており、読売新聞の指摘を受けて31日、東京都選挙管理委員会に収支報告書の訂正を届け出た。差額は翌年への繰越金の額に上乗せして訂正しており、06年までの4年間、毎年、繰越金の額を間違って記入するという、ずさんな処理が浮き彫りになった。

 読売新聞が情報公開請求で入手した領収書などによると、同支部は03年10月、杉並区内で講演会を開き、会場の管理会社に同8月、6万8000円を前払いした。しかし、都選管に提出した収支報告書には、組織活動費の欄に「会場借り上げ費」として68万円と記載されていた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-01 09:10 | 政治  

<< 安倍「許さないリスト」って何!? 広報補佐官はもういらない? 世... >>