辞任、きっぱり否定=受けた以上、最大限努力-補助金不正受給問題・遠藤農水相

9月1日13時2分配信 時事通信

f0013182_13472341.jpg 「お受けした以上は全力を尽くし、日本農業農政のために、最大限努力してまいりたい」-。自らが組合長理事を務める農業共済組合が補助金を不正受給していた問題で、遠藤武彦農水相は1日、記者会見で責任を問われると、ひときわ大きな声で「お受けした以上」に力を込め、辞任をきっぱりと否定した。

 遠藤農水相は午前10時半、農水省の会見室に姿を見せた。全閣僚参加の防災訓練のため、同相は黄土色の防災服姿。組合長理事を辞職する意向を明かし、「この問題は、兼業兼職についてどうかと一連の記者会見で問われたのだから、辞任とは兼業兼職のこと。大臣を含めてととらえられては困ります」と農水相辞任は重ねて否定した。

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-01 13:02 | 政治  

<< あリ得ない誘導ミス=山崎の健闘... 陸自隊員、痴漢で逮捕=埼玉 >>