テロ特措法、延長無理なら新法も選択肢・高村防衛相

9月2日 22:21 日本経済新聞

 高村正彦防衛相は2日、11月1日で期限切れを迎えるテロ対策特別措置法について「(期限延長に)有効な方法はあらゆる可能性を追求する」と述べ、期限延長のための改正案が成立しない事態に備えて新法も選択肢の一つになるとの認識を示した。野党の反対で期限内の改正ができない場合も想定し、インド洋での海上自衛隊による給油活動をすぐに再開できるよう二段構えとする狙いとみられる。都内で記者団に語った。

 防衛相はこれに先立つフジテレビ番組で「(海自が給油する米英艦船などが)海上阻止行動を行っているおかげで、いまインド洋はテロリストの自由の海になっていないというのが(海自活動の)効果だ」と指摘。「日本のシーレーンを守るのに他国に任せて日本だけ引くのは国際的に理解が得られるはずがない」と給油活動継続の必要性を訴えた。

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-02 22:21 | 政治  

<< 坂本外務政務官も辞任 領収書を... 印連続爆破テロはアル・カーイダ... >>