坂本外務政務官も辞任 領収書を二重計上

2007年9月2日 23時14分

 政党支部の政治資金収支報告書に領収書の二重計上の疑いがあることを認めた坂本由紀子外務政務官(参院静岡選挙区)は2日、外務政務官を辞任する意向を固めた。自民党関係者が明らかにした。3日にも辞表を出すとみられる。

 坂本氏は1日の記者会見で「政治責任を果たし、(詳細を)報告するのが務めだ」と辞任を否定したが、与謝野馨官房長官が2日夜に坂本氏と会い、進退問題を協議した。

 坂本氏によると、2004年の5月10日付で8万7537円の会議費領収書を自民党参院静岡選挙区支部の収支報告書に添付していたが、翌05年収支報告書にも同じ額の会議費の領収書を添付していた。

 坂本氏は元厚生労働省局長で、当選1回。今回の内閣改造に伴い、外務政務官に就任した。(共同)

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-02 23:14 | 政治  

<< エアバスの超大型機、タイ新空港... テロ特措法、延長無理なら新法も... >>