玉沢・元農相が自民離党表明、収支報告書の多重計上問題で

9月3日18時45分配信 読売新聞

 自民党の玉沢徳一郎・元農相は3日夕、国会内で記者会見し、自らが支部長を務める自民党岩手県第4選挙区支部の2003年分の政治資金収支報告書で、同じ領収書を改ざんして最高5回も使用するなど多重計上していた問題の責任を取り、同党を離党する意向を表明した。

 離党届は同日午後、党本部に提出しており、受理される見通し。

 玉沢氏は、領収書の改ざんなどについて「多大な迷惑をかけた。国民に深くおわびしたい」と陳謝した。議員辞職については、否定した。

 玉沢氏は衆院比例東北選出で、当選9回。同党町村派に所属し、農相、防衛長官などを歴任した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-03 18:45 | 政治  

<< 核無能力化、年内に可能=米朝部... <ミャンマー>国民会議が14年... >>