小泉改革路線、修正が必要・与謝野官房長官

9月3日 19:19 日本経済新聞

 与謝野馨官房長官は2日のテレビ朝日番組で、小泉純一郎前首相が掲げた構造改革路線について「一方的に市場原理主義、『勝ち組と負け組』とかいう政治はやりたくない。温かい心優しい気持ちで政策転換しないと日本人には受け入れられない」と述べ、参院選惨敗を受けて修正を加える必要があるとの考えを明らかにした。

 一方で「ばらまきを復活させようという考え方はない」とも述べ、財政再建路線は堅持する方針を強調。消費税を巡っては同日のフジテレビ番組で「現実は現実として国民に話さなければならない時期が来る」と語り、将来的な引き上げは不可避との見方を示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-03 19:19 | 政治  

<< テンプスタッフ、インドネシアに... バングラデシュ前首相と2男、収... >>