中曽根氏の指摘に反論=自身のブレーンも支援と強調-安倍首相

2007/09/04-20:42 時事通信

 安倍晋三首相は4日夜、中曽根康弘元首相から首相の周りに故瀬島龍三氏のようなブレーンがいないと指摘されたことに対し、「多くの方々に、それぞれの識見や個性を生かしていろいろと助言や支援をしてもらっている」と反論した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 中曽根氏は同日、行政改革などで自身のブレーンとして活躍した瀬島氏の死去に関し、「非常に強い意志と高い知恵をもって助けてくれた」と評価した上で、「残念ながら今の安倍首相の周りにはそういう人は見当たらない。政治は、周りに人材を集めることがスタートの一番大事なところだ」と語っていた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-04 20:42 | 政治  

<< 年金横領の調査やり直し 社保庁... 福知山線事故巡る文春記事、一部... >>