「辞任に当たらない」と安倍首相=鴨下氏報告書は「記載ミス」

9月5日15時1分配信 時事通信

 安倍晋三首相は5日昼、首相官邸で記者団の質問に答え、鴨下一郎環境相の資金管理団体の政治資金収支報告書に借入金の記載不備があった問題について「記載ミスだったと聞いている。訂正すべきは訂正しなければならない。その上でよく説明してもらいたい」と述べ、問題視しない考えを示した。首相は、政治とカネをめぐる不祥事で説明ができない閣僚は辞任させる方針を示しているが、鴨下氏に関しては「誤記であれば、それに当たらないのではないか」と述べた。

 同問題をめぐっては、大野松茂官房副長官が同日午前、鴨下氏本人から電話で事実関係の説明を受け、首相に報告した。鴨下氏は近く記者会見を開き、詳細を説明する意向だという。



環境相の借入金記載「事務的ミス」 政府が弁明
9月5日12時33分配信 産経新聞

 大野松茂官房副長官は5日午前の記者会見で、鴨下一郎環境相の資金管理団体の政治資金収支報告書の借入金で記載不備があったとする問題について、「鴨下氏の資金管理団体が鴨下氏本人から借り入れたものについて、記載を誤ったものだ。資金管理団体との連絡が不十分だったとも聞いている。いずれも事務的ミスだ」と明言した。
また、鴨下氏から電話で報告を受けたとした上で「鴨下氏から説明したいと言っている」と述べ、鴨下氏が記者会見を開く方針であることを明らかにした。

 別の政府高官は同日朝、記者団に「政治団体に(鴨下氏が)実際に自分が貸した金が、うまく記載されていなかった。不浄な金が使われたわけではないのではないか」と言明。鴨下氏から事情を聴く考えも示した。

 一方、舛添要一厚生労働相は5日午前、東京都内の自宅前で記者団に対し「国民にきちんと説明し、納得が得られればよいが、それができない場合は、何らかのけじめを付けざるを得ないかもしれない」と強調。安倍政権への影響については「非常に深刻。小林温氏の議員辞職もあり、次から次へとこういう問題が出てくるようでは、政権運営がかなり厳しくなる」との見通しに言及した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-05 15:01 | 政治  

<< 僧侶のデモに威嚇発砲 抗議続く... バンコク中心部でホテル火災、日... >>