「ミスター年金」民主・長妻氏 舛添厚労相と論戦注目

2007/09/06 08:25 産経新聞

 民主党「次の内閣」メンバーと安倍政権の閣僚との論戦でもっとも注目されるのは、民主党の「ミスター年金」こと長妻昭年金担当と、歯にきぬ着せぬもの言いが人気の舛添要一厚生労働相による論戦だ。

 長妻氏は記者団に「年金問題は大きい問題だから、政府も本来は特命相を置いて力を入れる姿勢をみせてほしい」と、安倍政権の姿勢を批判。舛添氏に対して「抽象的な議論になると個人の意見をかなり雄弁に披露するが、われわれは具体的に対策をいつまでにやるのか、実行の話を議論する」と“宣戦布告”した。

 長妻氏が暴いた年金記録紛失問題は、与党を参院選大敗に追い込む一因になった。長妻氏に新たな不正や不備を突かれれば、安倍政権にとって致命傷となりかねず、予算委員会では安倍晋三首相、増田寛也総務相との論戦も注目される。

 臨時国会の争点となるテロ対策特別措置法延長問題は、衆院で鉢呂吉雄外務担当、参院は浅尾慶一郎防衛担当が論戦の中心を担う。テロ特措法の責任者となった鉢呂氏に対して「外務防衛について何も知らないのではないか」(中堅)との指摘はあるが、参院選では党選対委員長として働くなど小沢氏との距離は近い。「小沢氏の意向が現場までストンと落ち、それに沿って動けるベテラン」(幹部)を起用した形だ。


 5日発表された「次の内閣」メンバーは以下の通り(敬称略、☆は参院議員)。

 首相、小沢一郎▽副総理、菅直人・☆輿石東▽国務、鳩山由紀夫▽官房長官、直嶋正行

 【担当相】

 総務、原口一博▽外務、鉢呂吉雄▽防衛、☆浅尾慶一郎▽内閣府、☆松井孝治▽財務、中川正春▽金融・経済財政、大畠章宏▽厚生労働、山田正彦▽年金、長妻昭▽経済産業、☆増子輝彦▽法務、細川律夫▽文部科学、小宮山洋子▽子ども・男女共同参画、☆神本美恵子▽農林水産、筒井信隆▽国土交通、☆長浜博行▽環境、☆岡崎トミ子
[PR]

by deracine69 | 2007-09-06 08:25 | 政治  

<< 橋下弁護士、テレビ番組での発言要旨 どこでも寝ちゃう眠り姫!…週刊... >>