「将来につながる」と一定の評価=町村氏

9月6日23時0分配信 時事通信

 【シドニー6日時事】町村信孝外相は6日夜、モンゴルで行われた日朝作業部会に関して「今回の協議では拉致問題で具体的な進展はなかったが、将来につながったと言えるだろう」と述べ、一定の評価を下した。

 外相は「北朝鮮は(協議では)『拉致は解決済み』との言葉は使っていない」と指摘。「拉致を含む懸案事項について、今後真剣に協議して、実行していくと言っているので、まさに今後の協議に委ねられた」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-06 23:00 | 政治  

<< <テロ特措法>“期限切れ失効”... 僧侶が兵士人質に立てこもり、政... >>