166万円の記載漏れ=自民・二階派-パーティー収入、森元首相も

9月7日13時4分配信 時事通信

 自民党の二階俊博総務会長が代表を務める二階派の政治団体「新しい波」が、準大手ゼネコンの元幹部が代表を務める政治団体「新政治問題研究会」に売ったパーティー券収入を政治資金収支報告書に記載していなかったことが7日、分かった。二階氏は記者会見で事実関係を認め、「今後二度と起こらないよう精査する」と釈明した。同日、総務省に訂正を届け出た。

 二階派事務局によると、同研究会は「新しい波」が2005年に東京と大阪で開催した政治資金パーティーで、それぞれ96万円と70万円分を購入。政治資金規正法では、1回のパーティーで1団体に20万円超のパーティー券を買ってもらった場合、名前と金額を公表しなくてはならないが、「新しい波」の収支報告書には全く記載されてなかった。

 一方、森喜朗元首相の資金管理団体「春風会」も04年末に開いたパーティーで100万円分のパーティー券を同研究会に購入してもらったが、報告書に記載していなかった。同氏の事務所は「事務処理上のミス」と説明している。6日に総務省に訂正を申し出た。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-07 13:04 | 政治  

<< プロテスタント指導者が声明発表... <さおだけ屋>恐喝まがい高額売... >>