愛人11人が連名告発状=高官、汚職暴かれ失脚-中国

9月7日16時1分配信 時事通信

 【北京7日時事】中国陝西省で、権力を乱用して私腹を肥やしていた高官が、愛人11人に悪事を暴かれ失脚した。部下の妻らと関係し、利権を分け合う乱脈ぶりだったが、裏切りに怒った愛人の1人の呼び掛けで11人が団結。汚職の証拠を添えて差し出した連名告発状が中央を動かした。現在、党中央規律検査委員会の調べを受けている。湖南省のニュースサイトが7日までに報じた。

 失脚したのは同省政治協商会議(政協)副主席の龐家鈺(庞家钰)氏(63)。宝鶏市長だった1995年、同氏が工場勤務時代に上司の工場長だったが、市では部下になった人物を辱める目的で、その妻をだまして手に入れたのをはじめ、歓心を買うため部下が「話し相手に」と差し出す妻を次々愛人とした。

 市トップの党委書記に昇格後、これら愛人を養う必要もあって、最初の愛人の夫である元工場長ら関係者に金融投資会社の経営や引水工事の請け負いに従事させ、自分の妻にも違法収入の分け前を与えていた。

関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-07 16:01 | 政治  

<< 東海沿岸で違法捕鯨が急増、個体... <白骨死体>病院敷地内で清掃作... >>