公約「違反」でなく「進化」=都民税免除撤回で石原都知事

9月7日19時1分配信 時事通信

 石原慎太郎東京都知事は7日の定例記者会見で、来年度から予定していた低所得者への個人都民税の免除措置を撤回すると正式表明した。低所得者には就労対策や生活改善など歳出面で手当てする。都民税免除措置は4月の知事選の公約だったが、同知事は「低所得者層への支援が必要との認識には変わりない。公約の進化ととらえてほしい」と説明、「公約違反ではない」と強調した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-07 19:01 | 政治  

<< 発行の出版社決定=「つくる会」教科書 世界陸上:大阪市職員2人が選手... >>