「不退転の決意」「民主の思うつぼ」=首相発言に賛否交錯-与党

9月9日23時0分配信 時事通信

 安倍晋三首相が9日、インド洋での海上自衛隊の給油活動を継続できない場合は退陣する意向を示したことについて、与党内では「不退転の決意の表れ」と受け止められている。一方で、「民主党の思うつぼ」「判断力を失った証拠」などと批判も相次いだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-09 23:00 | 政治  

<< 城内氏、次期衆院選の再出馬固め... 海自給油、継続できねば退陣=「... >>