「前代未聞だ」と絶句=突然の辞意、永田町に激震-野党は「無責任」と批判強める

9月12日14時16分配信 時事通信

 安倍晋三首相の辞意が突然伝えられた12日、国会周辺では動揺が広がった。自民党の中堅議員は「前代未聞だ。何があったのか…」と絶句。野党議員は「無責任だ」「辞任は遅すぎた」と一斉に批判の声を上げた。

 自民党の杉浦正健元法相は「何とも言いようがない。前代未聞だ」と言葉を詰まらせた。「何があったのか見当も付かない」と話すのが精いっぱいだった。

 加藤紘一衆院議員は「やはり続投そのものが、負担になっていたのではないか。精神的につらいプレッシャーになっていたのではないか」。その上で「これから自民党の建て直しが大変だ」と述べた。

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-12 14:16 | 政治  

<< 安倍首相が辞任会見「国民の支持... 韓国財閥は危機になると車いすで... >>