党首会談断られ、局面転換考えたと安倍首相

9月12日14時49分配信 読売新聞

 安倍首相は12日午後2時からの記者会見で、テロ対策特別措置法の延長問題に関して、「(インド洋での海上自衛隊の補給)活動を中断しないために職を賭(と)すと申し上げた。本日、民主党の小沢代表に党首会談を申し入れ、率直な思いと考えを伝えようとしたが、残念ながら、会談は実質的に断られた。局面を転換し、新たな総理の下でテロとの戦いを継続していくことを目指すべきではないかと考えた」と述べた。

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-12 14:49 | 政治  

<< 安倍首相が退陣の意向、記者会見で表明 <安倍首相辞任>米政府も今後の... >>