自民、突然の首相辞意に衝撃=「信じられない」「自民党の危機」

9月12日14時16分配信 時事通信

 安倍晋三首相が辞意を固めたことについて、自民党内に衝撃が走った。同党の麻生太郎幹事長は「ずいぶん前から聞いていた。『自分には議会の中で求心力がない』と言っていた」と明かした。首相から辞意を伝えられた大島理森国対委員長は党代議士会で「いかんともし難いが、首相の意思は変わらない」と述べた。

 また、塩崎恭久前官房長官は「辞任は全然聞いていない。(真意は)首相に聞かないと分からない」と驚いた表情で語った。首相側近の1人は「テロ対策特別措置法の延長問題で見通しが立たなくなったからだろう」との見方を示し、町村派幹部は「信じられない。自民党の危機だ」と指摘した。

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-12 14:16 | 政治  

<< 安倍首相が辞任会見「国民の支持... 韓国財閥は危機になると車いすで... >>