首相の辞任理由、健康問題も=「仕事との両立で苦悩」-与謝野官房長官

9月12日19時1分配信 時事通信

 与謝野馨官房長官は12日午後の記者会見で、安倍晋三首相の辞任の理由について「首相がたった1つ言わなかった問題は健康状態だろう。個人の問題だから病気などについて詳しく言えないが、仕事と健康の両立について、深い苦悩の中にあった」と述べた。その上で「(首相は)これ以上やることは責任を果たせないという思いで辞意を固めた」との見方を示した。



首相退陣の背景に健康問題、両立に深い苦悩も=官房長官
9月12日18時26分配信 ロイター

 [東京 12日 ロイター] 与謝野馨官房長官は12日午後の記者会見で、安倍晋三首相の辞任表明の背景に、健康問題があったことを明らかにした。

 辞任の理由に関して与謝野官房長官は「会見で、(安倍首相が)ただひとつ言われなかったこことは、健康状態だろう」と指摘。「病名などについては詳しく言えないが、(総理としての)相当な仕事と自分の健康の両立に深い苦悩の中にあった」と説明した。特に8月下旬のアジア歴訪から「健康状態は大変厳しいものがあった」と語った。

 さらに、首相自身が会見で健康問題に触れなかったことについては「(辞任決意の理由として)健康問題に逃げ込むことはいやだとの美学だと理解している」と述べ、「途中で投げ出したような格好で、そのことについてお叱りを受けている。お叱りは当然だとしても、そういう事情(健康問題)があったことを頭の片隅においておいて欲しい」と述べ、首相を弁護した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-12 19:01 | 政治  

<< 米、デモ拘束者に人権団体との面... 「局面転換せねば」=けじめ強調... >>